Tintri EC6000オールフラッシュシリーズ 製品概要

エンタープライズクラウドに向けたTintriオールフラッシュ「EC6000シリーズ」

  • 最大8TBのSSDを搭載可能なオールフラッシュモデル
  • 2Uラックスペースに最大32万IOPSのパフォーマンスを凝縮
  • 従来製品(T5000)と比較し 最大3.2倍の性能向上 (VMスケールアウト構成時)
  • 従来製品(T5000)と比較し、最大4倍の容量 (VMスケールアウト構成時)
  • 40GbE NICを採用しネットワークのボトルネックを排除
  • 16種類の基本構成モデルで細かい要件にも対応
  • プライアンスでありながら1本単位で容量拡張可能
  • シリーズ通して同じOSを採用し、ずっと変わらない使い慣れた運用

新シリーズはここがすごい!!! 
EC6000オールフラッシュシリーズラインナップ

6050は6055にパワーアップ 速さ:133%アップ

ただでさえ爆速なオールフラッシュモデルががさらに爆速に

  • 処理性能が従来の120k IOPSから160k IOPSに高速化

そして6070は6075にパワーアップ 速さ:120%アップ 容量:200%アップ

  • 処理性能が従来の200k IOPSから240k IOPSに高速化
  • 8GB SSDの採用で最大322TB→最大645TBでEC6090とほぼ同容量に

詳細は↓ ↓ ↓ ↓のスペック表を確認

EC6000オールフラッシュシリーズ スペック表

Models Tintri EC6090Tintri EC6075Tintri EC6055Tintri EC6030
64ノード 1~64台の VMstore システム
フラッシュ 有効実効容量bde 最大 41.3PB 最大 41.3PB 最大 20.6PB 最大 5.2PB
物理容量e 11.8PB 11.8PB 5.9PB 1.5PB
DP/DRターゲット
として
データ保護時bce
82.6PB 82.6PB 10.4PB 10.4PB
アプリケーション
実装密度
仮想マシン数
(最大)
480,000 480,000 160,000 32,000
各ノードあたり  
フラッシュ 有効実効容量bd 最大 645TB 最大 645TB 最大 322TB 最大 81TB
物理容量 25 ~ 184TB 25 ~ 184TB 12 ~ 92TB 6 ~ 23TB
DP/DRターゲット
として
データ保護時bc
最大 1290TB 最大 1290TB 最大 645TB 最大 161TB
アプリケーション
実装密度
仮想マシン数
(最大)
7,500 5,000 2,500 750
仮想ディスク数(最大) 15,000 15,000 7,500 2,500
搭載ネットワークポート
(コントローラーあたり)
DATAポート 2 x 10GbE
ADMINポート 2 x 1GbE
REPLポート 2 x 1/10GbE
オプション
ネットワークポート
(コントローラーあたり)
DATAポート 2 x 40GbE 、 4 x 10GbE 、 2 x 25GbE のいずれか
REPLポート 2 x 40GbE 、4 x 10GbE 、 2 x 1/10GbE 、 2 x 25GbE のいずれか
物理仕様 サイズ
(高さ x 幅 x 奥行き)
2RU, 3.5” x 19.0” x 34.63” (89mm x 483mm x 880mm) ベゼルを除く
重量
(SSD 13基構成)
72.8 lbs (33.0kg) 72.5 lbs (32.9kg) 72.1 lbs (32.7kg) 69.2 lbs (31.4kg)
重量
(SSD 24基構成)
74.5 lbs (33.8kg) 74.2 lbs (33.7kg) 73.8 lbs (33.5kg) 70.9 lbs (32.2kg)
電源 二重化ホットスワップ対応 NEMA もしくは IECプラグが選択可能
ワット数
(平均/最大)
650 / 1100 550 / 1100 464 / 1100 433 / 1100
BTU
(平均/最大)
2218 / 3412 1877 / 3412 1583 / 3412 1477 / 3412
動作時の温度 5°C ~ 40 °C (41°F ~ 104°F)
非動作時の温度 -40°C ~ 70°C (-40°F ~ 158°F)
動作時の湿度 8% ~ 90% (結露なし)
非動作時の温度 5% ~ 95% (結露なし)
システム タイプ オールフラッシュ デュアル コントローラー(アクティブ/スタンバイ)
OS Tintri
オペレーティング・
システム
Tintri OS 4.3.3.x もしくはそれ以上であること
仮想化 プロトコル
サポート
NFS および SMB3
ソフトウェア 管理 Tintri Global Center™ Standard
アナリティクス Tintri Analytics
別売り
ソフトウェア
同期・非同期レプリケーション: ReplicateVM™
パブリッククラウドコネクター:VMstore Cloud Connector™
仮想マシンスケールアウト: Tintri Global Center™ Advanced
コピーデータ管理:SyncVM™ 保存データ暗号化:SecureVM™
製品サポート 管理 Tintri Global Center, web interface (https), KVM (console), SMTP 及び SNMP for alerts
サポート
プロトコル
自動化された Phone Home およびケース作成によるプロアクティブなサポート
適応規格 UL/CSA/EN/IEC 60950-1, EMC Emissions Class A, FCC, IC, CE, VCCI, RCM, BSMI, EAC, KC, ROHS, REACH, WEEE
  1. VMstore Scale-outを利用すると、ストレージをフェデレーションプールとして管理し、既存のシステムと将来のシステム、両方をハイブリッド/オールフラッシュノードとして異機種混在で対応可能です。
    1台の19TBオールフラッシュシステムからスタートして、最大480,000台の仮想マシンをサポートし、最大40PBまで容量拡張可能です。
  2. 実効容量はデータプロテクション(ダブルパリティ RAID-6、スペアディスク、メタデータのオーバーヘッド)適用後、データ削減(インライン重複排除と圧縮)を含みますが、シンプロビジョニング領域は含みません。
    データ削減機能により通常3~5倍の容量を削減します。
  3. 8時間毎のスナップショット、7日間のデイリースナップショット、4週間ごとのスナップショットの最小限ポリシーを想定しています。
    すべてのスナップショットから論理的に完全復旧できます。
  4. ストレージ容量を示す場合、1MBは100万バイト、1GBは10億バイト、1TBは1,000GB(1兆バイト)です。
    アクセス可能な容量は、ハードドライブのフォーマットとパーティション、オペレーティングシステム、その他の要因により、記載されている容量とは異なります。
  5. 記述された容量は、最大容量搭載の64ノードで同種プール構成を想定しています。
    スケールアウトストレージプールは、最大64台のオールフラッシュシステムノードとハイブリッドシステムノードを混在させた異種混合構成とすることができます。
PAGE TOP