VMware Horizon パッケージアップデートについて

Horizonライセンスパッケージ変更のお知らせ

Horizon Perpetualライセンス(永続ライセンス)が2021/5/6をもって新規・追加販売を終息し、Horizonライセンスは今後サブスクリプションモデルに移行されます。

Horizon Perpetualの提供形態はHorizon TermHorizon Subscriptionへ変更になります。

ライセンスパッケージ変更

【変更前】 Horizonの種類について

変更前のHorizonの種類は下記になります。

Horizon Perpetual

Horizon Apps Perpetual

Horizon Universal

Horizon Universal

【変更後】 Horizon Perpetualの終息と今後のラインナップ

Horizon Perpetualの終息に伴うライセンス変更と、新しく発表されたライセンスは下記になります。

【変更後】-Horizon-Perpetualの終息と今後のラインナップ

変更スケジュール

変更スケジュール

 2021/2/8:
 ・Horizon Term / Horizon Subscription販売開始
 ・Horizon Perpetualライセンス Basic SnS(保守)・Production 1年SnS(保守)提供終了
  ※2021/2/8以降はHorizon Perpetual SnS(保守)3年・Productionサポートのみ更新可能

 2021/5/6:
 ・Horizon Perpetualの新規ライセンス販売終息

Horizon Perpetualライセンス・Horizon Term・Horizon Subscription・Horizon Universalについて

Horizon Perpetual

Horizon Perpetualライセンスは一度購入すればソフトウェアを永続的に利用することが可能なオンプレミス用のライセンスです。更新を行うのはSnS(保守)のみで、ライセンスを更新する必要はありません。

なお、Horizon Perpetualライセンスは、2021/5/6をもって新規・追加販売終了致します。

Horizon-Perpetual.png

Horizon Perpetualのライセンス体系Horizon-Perpetualのライセンス体系

Horizon Term

Horizon Perpetualが ''永続ライセンスではなくなった'' 期間限定型のライセンスになりライセンスとSnS(保守)が一緒にバンドルされています。
Horizon Perpetualを購入希望の方は、今後こちらのHorizon Termを購入ください。
また、ライセンス期限が切れると、製品の利用権も無くなりますのでご注意ください。

更新という概念がないので、ライセンスキーが切れるタイミングで、新しいキーを入れ替えていただきます。Horizon-Term
Horizon Termのライセンス体系
Horizon-Termのライセンス体系

Horizon Subscription

Horizon Termが ''クラウドも選択可能になった'' ライセンスになりライセンスとSnS(保守)が一緒にバンドルされています。

Horizon Subscriptionはオンプレミス環境、クラウド環境の両方で利用頂くことが可能です。
ただし、一度ロケーションを選んでしまうと、その後は変更はできません。
また、ライセンス期限が切れると、製品の利用権も無くなりますのでご注意ください。

Horizon Termとは異なり、更新のタイミングでライセンスキーの入れ替えの必要ございません。

Horizon-Subscription.png

Horizon Subscriptionのライセンス体系Horizon-Subscriptionのライセンス体系

Horizon Universal

Horizonユニバーサルライセンスは、オンプレミス/VMware Cloud on AWS/Horizon Cloud いずれの仮想デスクトップ環境でも利用できる、サブスクリプション形式のライセンスです。
RDSH用途の「Horizon Apps Universal」、もしくはVDI用途の「Horizon Universal」のいずれかを利用できます。

Horizon Subscriptionとは異なり、オンプレミスとクラウドのライセンスの移し替えが可能です。

Horizon Universalのライセンス体系Horizon-Universalのライセンス体系

既存でHorizon Perpetualライセンスを御持ちのユーザの更新・移行について

すでにHorizon Perpetualライセンスを御持ちで、かつ毎年SnS(保守)を毎年更新されているユーザーにつきましては
2021/2/8以降はSnS単年での更新は行えず、以下のパターンで更新、アップグレードをしていただく必要があります。

①Productionサポート×3年一括SnS更新

Horizon Perpeturalライセンス+SnS(保守)で更新を行う方法です。
ただし、2021/2/8をもって、Basicの保守更新が終了し、Productionについても、1年、2年の更新は不可になりますので、3年一括での更新が必須になります。


②Term Upgrade Program(TUP)にて、Horizon Termへ移行

Horizon PerpetualライセンスをHorizon Termへアップグレードする方法です。
購入する際には既存Horizon Perpetualライセンスの保守が有効である必要があります。
また、アップグレードをすると、保守しているHorizon Perpetualのライセンス期間は破棄されます。


③Subscription Upgrade Program(SUP)にてHorizon Subscriptionへ移行

Horizon PerpetualライセンスをHorizon Subscriptionへアップグレードする方法です。
Horizon Termへアップグレードする際同様に、購入する際には既存Horizon Perpetualライセンスの保守が有効である必要があります。また、アップグレードをすると、保守しているHorizon Perpetualのライセンス期間は破棄されます。


④Horizon Universalへ移行

Horizon PerpetualライセンスをHorizon Universalへアップグレードする方法です。
購入する際には既存Horizon Perpetualライセンスの保守が有効である必要があります。
また、アップグレードをすると、保守しているHorizon Perpetualのライセンス期間は破棄されます。

機能表

Horizon Term
エディション Standard Standard
(no vSphere)
Advanced Advanced
(no vSphere)
Enterprise Enterprise
(no vSphere)
ライセンス体系 同時接続 同時接続 同時接続/
Named User
同時接続/
Named User
同時接続/
Named User
同時接続/
Named User
Perpetualからの移行 保守更新 保守更新 保守更新 保守更新 保守更新 保守更新
VDI
仮想デスクトップ(Linux)        
RDSH    
Linux App Publishing        
AppVolumes        
Cloud Connector            
Dynamic Environment Manager
(Std)
   
Dynamic Environment Manager
(Ent)
       
Instant Clone
ThinApp
Rest API        
Power Management            
WSO Access(for On Premise)    
WSO Access(SSO SaaS)            
MS Teams Optimization    
Session Collaboraton        
(Future:)Session Recording        
vGPU(nVidia Grid)
Unified Access Gateway
On Premise Deployment
single location deployment
(on-prem or cloud)
           
Hybrid Cloud
(On-Prem + Single Cloud)
           
Multi-Cloud            
vSphere for Desktop      
vCenter for Desktop      
vSAN for Desktop        
Horizon Subscription
エディション Standard Subscription Standard Subscription(no vSphere)
ライセンス体系 同時接続/Named User 同時接続/Named User
Perpetualからの移行 有償アップグレード 有償アップグレード
VDI
仮想デスクトップ(Linux)    
RDSH    
Linux App Publishing    
AppVolumes    
Cloud Connector
Dynamic Environment Manager(Std)
Dynamic Environment Manager(Ent)    
Instant Clone
ThinApp
Rest API    
Power Management
WSO Access(for On Premise)    
WSO Access(SSO SaaS)
MS Teams Optimization
Session Collaboraton    
(Future:)Session Recording    
vGPU(nVidia Grid)
Unified Access Gateway
On Premise Deployment
single location deployment(on-prem or cloud)
Hybrid Cloud(On-Prem + Single Cloud)    
Multi-Cloud    
vSphere for Desktop  
vCenter for Desktop  
vSAN for Desktop    

よくある質問

Horizon Perpetual ライセンスからHorizon Termへ切り替える際に必要となる作業はありますか?

製品のライセンス キーを変更いただく必要があります。
Horizon Perpetual(永続ライセンス) → Horizon Term(期間型)のライセンスキーに変更ください。

Horizon Perpetual、Horizon Term、Horizon Subscriptionを混在することは可能ですか?

Horizon PerpetualライセンスとHorizon Termは混在可能です。 "ただし、Subscription・Apps Subscription・Horizon Universal・Horizon Apps Universalは、 " それぞれ他の種類と混ぜて利用できません。(※Horizon UniversalとHorizon Apps Universalの混在なども不可になります)

Horizon Perpetualライセンスをもっています。 保守が切れた契約を、遡及更新したいのですが可能でしょうか?

Production 3年分で遡及更新いただくか、Termライセンスを新規で買い直していただくことになります。 または、Horizon Termを新規で買い直ししていただけますようお願い致します。

PAGE TOP